大興産業株式会社
お問合せプライバシーポリシー
企 業 理 念 事 業 概 要 会 社 概 要 採 用 情 報 店 舗 紹 介 サイトマップ
TOP > 土木工事 > 推進工事
> 推進工事全般
(アンクルモール工法、
塩ビ泥水推進工法他)

> 地盤改良工事
(鋼管杭工法、
湿式柱状改良工法)
[土木工事]

地盤改良工事

商品の特徴
地盤改良工事とは地震対策や建物の沈下を防ぐため、
軟弱地盤に建造物を建てる前に基礎の下の地盤の
補強を行うことです。
地盤に充分な支持力がなく、不良があったまま
建築物を建ててしまうと傾いたり壁や柱に亀裂が
生じたりしてしまいます。
これらの問題を防ぐ地盤改良工事には鋼管杭工法と
湿式柱状改良工法があります。
鋼管杭工法
工法の特徴
炭素鋼管杭を使用し支持地盤まで回転貫入させる

ことにより構造物を安定させ、大きな支持力を

得ることができます。

鋼管杭は軽量で取り扱いが容易であるため、

工期は他工法と比べると短期間で済みます。

軟弱地盤層が厚い場合にこの工法が使用されます。
写真-2
湿式柱状改良工法
工法の特徴
特殊な撹拌翼で掘削しながらセメント系固化剤を

土中へ注入して柱状地盤改良体を造ります。

低振動・低騒音の機械を使用して施工する為、

周辺へ迷惑をあまり掛けず工事が出来ます。

また、狭い場所でも搬入・施工が可能である為、

都市型地盤改良工法として注目されています。
写真-4
[お問い合わせ] 大興産業株式会社 工事課 梅林・高橋
Copyright (C) 2005 Daiko All Rights Reserved.  本社住所/静岡県浜松市東区安間町 264-1