大興産業株式会社
お問合せプライバシーポリシー
企 業 理 念 事 業 概 要 会 社 概 要 採 用 情 報 店 舗 紹 介 サイトマップ
TOP > 建設機械・資材の販売/設計・工法の提案 > 補強土壁工法 
ワイヤーウォール工法
(補強土壁工法
瞬間硬化コーティング工法
(スワエール工法)
[土木工法]

補強土壁工法

ワイヤーウォール工法

工法の特徴


[1]

「ワイヤーウォール」とは、補強材に格子状鉄筋を使用した壁面緑化が可能な補強土工法です。格子状鉄筋補強材の縦方向鉄筋の摩擦抵抗と横方向鉄筋の支圧抵抗の両者により面的な補強効果が得られる工法です。


ステップウォール
工法の特徴


「ステップウォール」とは格子状の鉄筋補強材であるステップマットを一定間隔(45cm)毎に敷設した補強土壁工法で,のり面勾配は1:0.5〜1:1.2の範囲で自由に設定できます。また植生マットにより壁面緑化するとともに,のり面を階段状に整形することにより,平場に低木などを植栽することができます。

写真-2
ジオブロック
工法の特徴


「ジオブロック」とは,小型ブロックの壁面材に作用する土圧力と,盛土中に敷設したジオグリッド補強材の引抜き抵抗力との釣合いにより安定を保つ補強土壁工法です。本工法は壁面材にコンクリート製の小型ブロックを使用し,一部を緑化ブロックとして草本類やツタ類を植栽できるようにしたもので,安定感のある外観を持つとともに壁面緑化が可能なところに特徴があります。

写真-3
TUSS
工法の特徴


「TUSS」とは,コンクリートパネルの壁面材に作用する土圧力と,盛土中に埋設された支圧アンカーのタイバックパネルに作用する支圧抵抗力との釣合いにより安定を保つ補強土壁工法です。本工法は,壁面材と補強材の接合部に上下のスライド構造を設けることによって盛土材料の圧密沈下に追随し,変形の少ない壁面を構築できるところに特徴があります。

写真-4
さらに、詳しい内容につきましてはこちらの 株式会社ジオシステム のホームページを参照してください。

Copyright (C) 2005 Daiko All Rights Reserved.  本社住所/静岡県浜松市東区安間町 264-1